トップページ > 研修一覧 > 研修詳細
研修詳細
研修管理者研修についての詳細です。
研修一覧へ
● 概要
研修名 研修管理者研修
目標 人材育成の重要性を認識し、職員研修のあり方について理解を深める。
計画人員 30人
受講者数 36人
対象者 職員研修の企画・運営を担当している部課の管理職員および研修担当者
実施期間 0.5日間
第1日程:令和元年5月9日
研修会場 滋賀県市町村職員研修所(大津市)
センター締切日 平成31年4月19日
● スケジュール
科目名 方法 開始時間 終了時間
1日目 研修管理者研修 講義 13:30 16:00
● 科目詳細
地方自治のマエストロから学ぶ〜人口減少時代における自治体経営と人材育成〜
  講師  京都産業大学法学部教授・学長補佐  山田 啓二 氏  (前 京都府知事)

 今や滋賀県においても人口減少時代に突入しました!
 県内市町も早急に活力を生む施策、それを支える人材育成を進めていかなければならない危惧すべき状況にあります。
 山田啓二氏を講師にお迎えし、4期16年にわたる京都府知事、および7年の全国知事会会長のご経験を踏まえたこれまでの幅広い見識から、人口減少時代における今後の自治体のあり方についてご提言いただきます。また、働き方改革が叫ばれる中、これから目指すべき職場や組織の姿を、人材育成と結びつけてお話いただきます。滋賀県内の自治体にむけた貴重なメッセージです。


 【講師プロフィール】
1977年東京大学法学部卒業後、自治省(現総務省)に入省。
和歌山県総務部地方課長、国際観光振興会サンフランシスコ観光宣伝事務所次長、高知県総務部財政課長、自治省行政局行政課理事官、内閣法制局参事官、国土庁土地局土地情報課長、京都府総務部長、京都府副知事等を経て、
2002年4月より京都府知事。2018年4月に任期満了で退任するまで、4期16年府政を担う。
2011年から全国知事会会長を4期7年務めた。
2018年より京都産業大学法学部教授・学長補佐を務める。


 
● 総括
受講者の主な意見(受講者数 37名)
【研修の成果】…非常に成果があった55%、成果があった45%
・大変刺激になり、参考になった。
・人材育成の考え方、方向性を再考するきっかけをいただいた。
・行政また人材育成担当としてどのような観点を持ち、どのような職員を育成すべきか教示いただけた。

【テーマ・内容】…非常に理解しやすい45%、理解しやすい52%
・若い職員にも聞いてほしい内容でした。
・危機感を感じさせる非常に内容のある講義をいただいた。

【今後の業務に役立つか】…非常に役立つ40%、役立つ60%
・人材育成に活用できる。
・今後するべき課題が見つかった。
・今後の人材育成だけでなく、市政のために自分が成すべきことを理解できました。

【その他】
・自治体経営、人材育成に危機感を持って今後取り組みたいと思います。