トップページ > 研修一覧 > 研修詳細
研修詳細
課長級職員研修についての詳細です。
研修一覧へ
● 概要
研修名 課長級職員研修
目標 課長級職員に必要な職場の管理能力を高め、組織の経営に必要となる心構えや知識を習得するとともに、危機管理能力を養成する。
計画人員 240人
受講者数 182人
対象者 新任課長級職員(原則として昇任後2年以内の職員)
実施期間 2日間
第1日程:令和元年5月15日、令和元年5月20日
第2日程:令和元年5月16日、令和元年5月21日
第3日程:令和元年5月17日、令和元年5月22日
研修会場 滋賀県市町村職員研修所(大津市)
センター締切日 平成31年4月19日
● スケジュール
科目名 方法 開始時間 終了時間
1日目 リーダーシップと組織経営 講義・演習  9:30 12:30
昼食・休憩 12:30 13:30
リーダーシップと組織経営 講義・演習 13:30 16:30
2日目 リスクマネジメント 講義・演習  9:30 12:30
昼食・休憩 12:30 13:30
リスクマネジメント 講義・演習 13:30 16:30
閉講式 16:40 16:50
● 科目詳細
リーダーシップと組織経営
組織の責任者、意思決定権者としての役割を認識する とともに、組織経営に必要な行動やスキルを理解、習得する。

1 課長の役割とリーダーシップ 【講義・実習】
  (1) 課長の業務
  (2) 効果的なリーダーシップ
  (3) 年長部下、再任用職員へのリーダーシップ

2  組織経営
  (1) 組織のマネジメント 【講義・実習】
      組織風土の醸成
      組織風土改革が求められる時代背景
       コンプライアンスと職場風土
       目標管理の方法

  (2) 業務のマネジメント 【講義・実習】
      業務改革の基本的な考え方
      課題解決ステップ
            ・状況分析 ・原因分析 ・意思決定分析
       判断力を高める思考法
            ・ゼロベース思考 ・フレームワーク思考 ・オプション思考
       目標管理の方法

  (3) 人のマネジメント 【講義・実習】
      動機付け理論(人を動かすものは何か)
      心理の理解と行動の図式
       コミュニケーション力の強化(話す・聴く)
       部下への説得スキルの強化

まとめ
 
株式会社KOC 講師 雨谷博貴 氏
リスクマネジメント
 不測の事態を未然に防ぐとともに、万一不測の事態が 発生したときに、果たすべき役割、とるべき行動を認識し、危機に強い組織づくりについて学ぶ。

1.リスクマネジメントとは 【講義・グループディスカッション】
 (1)リスクマネジメントの定義
 (2)リスクマネジメントの必要性
 
2.リスクマネジメントの全体像 【講義・グループディスカッション】
(1)リスクマネジメントの流れ
(2)リスクマネジメントにおける上司部下の役割
 
3.リスクの予測と評価 【講義・個人ワーク・グループワーク】
(1)リスクの予測
(2)リスクの評価
 
4.対策の策定 【講義・個人ワーク・グループワーク】
(1)顕在化予防策の方向性を考える
(2)職場における予防策のポイント
(3)顕在化したリスクの対応策を考える

5.最も身近な「不祥事」を予防するために【講義・個人ワーク・グループワーク】
(1)最も身近なリスクは「不祥事」
(2)不祥事の影響力
(3)不祥事が起きる理由
 
6.不祥事発生を予防する風土作り 【講義・個人ワーク・グループワーク】
(1)まずは体制作りから
(2)現場の仕事を知りに行く 〜マネジメントで防ぐ〜
(3)小さな予見を逃さない報連相
(4)簡単で効果絶大な「声掛け」
 
まとめ
 
株式会社KOC 講師 森川宗貴 氏
● 総括
受講者の感想(受講者数 182名)
【リーダーシップと組織経営】
・コミュニケーションタイプ診断で、自分の傾向が客観的に再認識でき、自分の強み弱みが把握できた。
・グループワークもいろいろな情報交換ができ、今後に役立てていきたい。
・今までの自身の言動を振り返り、もっと違う視点が必要であると感じた。

《講師からのアドバイス》
 人に対するマネジメント、つまり情に対してウエイトをかけすぎると、問題解決・組織経営といったロジカルに対応をしていかなくてはならない部分が弱くなります。業績に対する部分と人間に対する部分のバランスを上手くとりながら、課長としての業務を進めていっていただいたらよいと思います。
 課長を取り巻く周囲の環境変化はとても激しいものがあります。今までの延長線上ではなく、環境変化に上手く適応させたマネジメントを柔軟にとっていっていただければと思います。
 全体として、とてもバランスのよいマネジャーの方々でした。

【リスクマネジメント】
・日々の業務からリスクやヒヤリハットを職場内検討会で洗い出す。
・風通しの良い職場風土づくりが必要。
・コンプライアンスは法令順守ではなく社会の要求に応えることだと認識した。

《講師からのアドバイス》
 研修中の参加姿勢は皆さん素晴らしかったです。リスクマネジメントは大きなリスクを考えると、テーマが壮大になってしまい、皆さんのコントロールの範疇外になってしまう可能性が高いです。(組織としての取組みになるので)
 なので、まずは身の回りの小さなリスクの芽を洗い出すことから始めましょう。その時必ずメンバーの方を巻き込み、チーム全体のタスクにすることが大切です。リスクマネジメントは面倒くさい。組織が考えること、管理職が考えることと思われがちですが、組織的に小さなことをやってみて、小さな結果が出て、それを共有して、またやってみる。小さな成功体験を積んでいきましょう。
DSC_0096.JPG