トップページ > 研修一覧 > 研修詳細
研修詳細
第1回クレーム対応指導者研究会についての詳細です。
研修一覧へ
● 概要
研修名 第1回クレーム対応指導者研究会
目標 クレーム対応研修指導に有用な知識を学ぶとともに、指導者相互の経験や交流を通じて、効果的な指導方法を研究する。
計画人員 20人
受講者数 13人
対象者 クレーム対応研修指導者養成研修を修了し、現在、研修の講師として活躍している職員、および今後研修の講師として活躍が期待される職員
実施期間 0.5日間
第1日程:令和元年12月26日
研修会場 滋賀県市町村職員研修所(大津市)
センター締切日 令和元年12月16日
● スケジュール
科目名 方法 開始時間 終了時間
1日目 クレーム対応を指導する『若い世代の傾向を理解し、接し方を探る』 講義・討議・演習 13:30 16:30
クレーム対応研修の指導に向けて 討議 16:30 17:15
● 科目詳細
クレーム対応を指導する『若い世代の傾向を理解し、接し方を探る』
有限会社コノジャパン  講師  内野 しのぶさん

 クレーム対応を指導する現任職員(1部)研修の受講者は、採用後4・5年を経過した職員であり、一般的に言われる「ゆとり世代、さとり世代」です。
 研修実施後、指導者間で振り返りを行うと、近年「元気がない」「おとなしい」「反応がない」など静かなイメージに感想が寄せられます。
 そこで今回の研究会は、一般的に言われる「ゆとり世代、さとり世代」の成長期の背景をおさえ、その特徴を理解し、研修指導の際の接し方や伝え方を学ぶとともに、それぞれの所属においての部下・後輩指導に役立てます。

1.オリエンテーション
 ・講師紹介
 ・アイスブレイク

2.事前課題の共有【ディスカッション】
 ・グループ内でメンバー同士の現状を意見交換する

3.最近の若者傾向とトレンド【講義】
 ・ゆとり世代とさとり世代の育ってきた環境(背景)と特徴

4.若年層コミュニケーション【講義/ミニワーク】
 ・指導(叱り方)上の注意点
 ・モチベーションを上げる承認力

5.グループディスカッション【個人ワーク/ディスカッション】

6.まとめ
 ・本日の研修内容の振り返り
 ・質疑応答

 
クレーム対応研修の指導に向けて
クレーム対応指導者研究会幹事

現任職員(1部)研修でのクレーム対応研修の事前打合会を実施します。