トップページ > 研修一覧 > 研修詳細
研修詳細
公債権徴収事務担当職員研修についての詳細です。
研修一覧へ
● 概要
研修名 公債権徴収事務担当職員研修
目標 公債権の徴収事務を遂行するために必要な基礎的知識を習得し、実務能力の向上を図る。
計画人員 30人
対象者 公債権の徴収事務に携わり、実務経験が浅い職員
実施期間 2日間
第1日程:令和元年10月1日〜令和元年10月2日
研修会場 滋賀県市町村職員研修所(大津市)
センター締切日 令和元年8月22日
● スケジュール
科目名 方法 開始時間 終了時間
1日目 公債権徴収事務 講義・演習  9:30 12:30
昼食・休憩 12:30 13:30
公債権徴収事務 講義・演習 13:30 16:30
2日目 公債権徴収事務 講義・演習  9:30 12:30
昼食・休憩 12:30 13:30
公債権徴収事務 講義・演習 13:30 16:30
● 科目詳細
公債権徴収事務
<1日目>
徴収総則
・地方税と公課の徴収根拠法
・徴収事務の全般的な流れ
・徴収吏員である職員の職務権限
・納税義務の成立と確定及び納期限
・相続による納税義務の承継
・連帯納税義務
・書類の送達
・納税の緩和制度
・延滞金の徴収と減免
・財産調査
 
<2日目>
滞納処分関係
・滞納処分手続きの流れ
・滞納処分の基本的な要件と手続き
・地方税優先原則等
・事例検討(グループワーク)

 
公益財団法人 東京税務協会 講師 斎藤 博史 氏