トップページ > 研修一覧 > 研修詳細
研修詳細
現任職員(2部)研修についての詳細です。
研修一覧へ
● 概要
研修名 現任職員(2部)研修
目標 住民のニーズや地域の実情に応じた施策の提案ができる職員を目指して、政策形成能力を養成する。
計画人員 250人
対象者 原則として、採用後8・9年を経過した職員
実施期間 2日間
第1日程:令和2年11月4日、令和2年12月9日
第2日程:令和2年11月4日、令和2年12月10日
第3日程:令和2年11月4日、令和2年12月11日
第4日程:令和2年11月4日、令和2年12月14日
第5日程:令和2年11月4日、令和2年12月15日
研修会場 滋賀県市町村職員研修所(大津市)
センター締切日 令和2年10月5日
● スケジュール
科目名 方法 開始時間 終了時間
1日目 政策形成の理論と実践 講義  9:30 12:30
昼食・休憩 12:30 13:30
政策形成の理論と実践 講義 13:30 16:30
2日目 プレゼンテーション能力向上 講義・演習  9:30 12:30
昼食・休憩 12:30 13:30
プレゼンテーション能力向上 講義・演習 13:30 16:30
● 科目詳細
政策形成の理論と実践
 機ダ策形成概論
   1.地方分権の展開と自治体の政策形成能力
   2.政策形成において押さえるべき要点
   3.政策とは何か
   4.政策形成のプロセス
 
 供ダ策立案例の検討
   1.問題意識は明確か
   2.「問題」の分析をしっかりやっているか
   3.政策を明確に打ち出しているか
   4.政策を実現するための施策体系を整理しているか
   5.施策体系の下の事業の検討ができているか
   6.事業案の検討が十分にできているか
 
同志社大学政策学部 教授 真山 達志 氏
プレゼンテーション能力向上
1.プレゼンテーションとは
 ・プレゼンテーションの定義と4大要素
 
2.事前準備           
 ・目的とゴールの明確化/聞き手分析
 ・プレゼンテーションストーリー作成ポイント
 ・レビューミーティングとリハーサルがプレゼンを成功に導く
 
3.伝え方の技術 ―始めに―
 ・withコロナ時代
 ・目元の感情表現/態度/話し始める前にする5つのこと
 
4.伝え方の技術 ―わかりやすく伝える方法―
 ・シンプルに話す 〜文字は13文字 話は60文字〜
 ・構造化し階層別に整理する、そして展開 ・事例研究:話を構造化してみる       
 ・論理的な展開の「型・フレーム」
 ・話すボリュームとスピード     
 ・プレゼンテーションワーク
               
5.伝え方の技術 ―印象深く伝える方法―
 ・メリハリ、間のとり方
 ・言葉の長さでも変化をつける              
 ・メインメッセージは繰り返す
 ・聞き手に響く言葉を言う
 ・まとめは要するに
 
6.聞き手を巻き込む技術 ―聞き出す―
 ・一方向から双方向に
 ・真意を聞き出す質問法と空間管理                  
 ・応酬話法と質疑応答対策
 
7.プレゼンテーションワーク

 
株式会社ウィズネス 代表取締役 本田 妃世 氏