トップページ > 研修一覧 > 研修詳細
研修詳細
現任職員(1部)研修についての詳細です。
研修一覧へ
● 概要
研修名 現任職員(1部)研修
目標 実務経験を積んだ上で、住民への対応の仕方や論理的思考能力を養い、今後の自分の進むべき方向性を考え、より創造的・実践的な職務遂行能力を養成する。
計画人員 300人
受講者数 245人
対象者 原則として、採用後4・5年を経過した職員
実施期間 3日間
第1日程:令和5年1月10日、令和5年1月17日、令和5年1月23日
第2日程:令和5年1月11日、令和5年1月18日、令和5年1月24日
第3日程:令和5年1月12日、令和5年1月19日、令和5年1月26日
第4日程:令和5年1月13日、令和5年1月20日、令和5年1月27日
研修会場 滋賀県市町村職員研修所(大津市)
センター締切日 令和4年11月24日
● スケジュール
科目名 方法 開始時間 終了時間
1日目 ロジカルシンキング 講義・演習  9:30 12:30
昼食・休憩 12:30 13:30
ロジカルシンキング 講義・演習 13:30 16:30
2日目 クレーム対応 講義・演習  9:30 12:30
昼食・休憩 12:30 13:30
公務員倫理(SKOR−1) 講義・討議 13:30 16:30
3日目 アサーティブ・コミュニケーション 講義・演習  9:30 12:30
昼食・休憩 12:30 13:30
アサーティブ・コミュニケーション 講義・演習 13:30 16:30
● 科目詳細
ロジカルシンキング
1. ロジカルシンキングの基本
1) 問題解決ワーク
2) ロジカルシンキングとは
3) 代表的な論理展開
 ・演繹法(複数の事実をつなげて結論を出す)
 ・帰納法 (複数の事実から共通点をまとめて結論を出す)
 
2. ロジカルシンキングのアイテムを使いこなす
 
1)構造(マップ)
  ・ピラミッドストラクチャーの説明
  ・実務に活かす! ピラミッドストラクチャーを意識した報告 ・実務に活かす!
  ピラミッドストラクチャーを意識した文章
2) 思考方法 (メソッド)
 ・ 代表的な思考方法
 ・ブレインストーミング
  自由な発想を体験する 新商品を開発する一
 ・MECE (モレなくダブりなく)
 
3)結論を裏付けるための情報を整理する (ツール)
 ・フレームワークの紹介
 ・KJ法
 
3. ロジカルシンキングと問題解決
 
1)問題解決のステップ
2) 問題解決手法をフレームワークを使い具体的に学ぶ ロジックツリー/HOWツリー・WHYツリー) ・
 
4.各グループ発表

5. まとめと今後
 
株式会社ウィズネス 
 パートナー講師:安村 睦子氏(1月10日・11日)
         寺島 茂樹氏(1月12日・13日)
クレーム対応
 行政ニーズや住民の価値観が多様化する中、クレーム対応能力の向上が求められる。クレームを無くすことよりもクレームを受ける際の対応策について学ぶ 。

〈演習1〉 グループディスカッション(クレーム対応の経験談)
1.クレームに向かう基本姿勢
2.クレーム対応の流れとポイント
〈演習2〉 クレーム対応演習(クレーム対応の実際・クレームロールプレイング)
3.組織的対応を目指して

※本科目では、不当要求は対象としません。
滋賀県内市町職員(内部講師) 
公務員倫理(SKOR−1)
住民の信頼を得るために、より高い倫理観を醸成し、常に公務員としてあるべき姿を意識し実践する力を養う。

1.「信頼される公務員となるために」の受講にあたって
2.「職業倫理について」
3.「公務の特性と服務規律」
4.「ドゥ・アプローチの意識で・・・信頼を得るために」
5.「内部通報と告発について」
6.「望ましい職場づくり」
滋賀県内市町職員(内部講師)
アサーティブ・コミュニケーション
 自分も相手も大切にする考え方と、相手の意に沿わない「言いにくいこと」を伝える時に、自分の気持ちや考え方を誠実に率直に伝える方法を学ぶ。

1.理論のレクチャーと自己点検
  ・アサーティブとは何か
  ・コミュニケーションパターンの自己点検
  ・アサーティブに向き合うときのマインド(心構え)を学ぶ
2.【演習:共通事例を使った伝え方の演習】率直に依頼する/建設的に注意する
  ・自分の要望や意見を率直に伝える
  ・具体的に依頼する、指示を出す
  ・相手を尊重して建設的に注意する
3.各自のコミュニケーション上の課題抽出
  ・伝える内容の整理
  ・伝え方のポイント説明
4.【演習:各自の課題を使ったロールプレイ演習】
  ・各自の課題を用いて小グループで伝え方のロールプレイ
5.【演習:相手を承認しプラスのメッセージを伝える】
  ・ほめること、ほめ言葉を受け取ること
  ・自己信頼と自己ケア
  ・まとめ
6.質疑応答
特定非営利活動法人アサーティブジャパン 竹崎 かずみ 氏
● 総括
講師からのコメント
〇ロジカルシンキング 安村講師より

 今回、【ロジカルシンキング】を受講された皆さま、大変お疲れさまでした。
タイトルから難しいイメージを持たれたと思いますが、社会人として限られた時間の中で、今後やっていく上では絶対的に必要な技術になります。今回、基本的なことを始め、応用として様々なワークなどを体験いただきましたが、中でも活用していただければと思うことを3つに絞つてみました。

 一つ目は、報告する際、何かをまとめる際にロジカルシンキングの3つの要件を意識するということ。結論・それを支える理由・その理由を支えるデータなど、筋が通つているかを常に意識してください。説得力のある話ができる人は、何かが違うはずです。テレビなどでも話の上手な人を意識して観るようにしてください。人のいいところはどんどん真似をして学んでください。学ぶ=真似ぶです。

 二つ目は、フレームワークを使用するということ。研修でもお話しましたが、自分の目標はもちろん、これから部下や後輩に対しても指導する立場になられる(現在その立場の方もいらつしゃると思いますが)皆さんですから、その際に使用していただきたいと思います。自標を達成するためには、HOWツリーを使用して、どのような行動をとれば目標が達成できるのかを、フレームワークで落とし込んでいくことによって、モレロダブリ・無駄を省くことができます。【目標を達成する人は、常にできる方法を考え、達成しない人はできない言い訳を考える】と言います。できる方法を考える人になってください。また、問題が起こった時には、WHYツリーを使って考えることで、真の原因が見えてきます。
 三つ目は、ゼ自ベース思考の実践です。既存の概念に囚われていては、改善日改革にはつながりません。一度、組織の常識から離れてモノを考えてみてください。もちろん、すべて正しい意見ばかりではないと思いますが、その習慣が新しいことを生み出す力につながると思います。普段から異業種の人と交流を持つ、新しいことに興味を持つなど、自分の世界を広げる努力を行つてください。世の中もめまぐるしく変化しています。その変化に取り残されないように頑張りましょう!