トップページ > 前年度の研修一覧 > 研修詳細
前年度の研修詳細
● 概要
研修名 現任職員(2部)研修
目標 住民のニーズや地域の実情に応じた施策の提案ができる職員を目指して、政策形成能力を養成する。
計画人員 200人
受講者数 161人
対象者 原則として、採用後8・9年を経過した職員
実施期間 3日間
第1日程:平成28年11月8日、平成28年11月15日〜平成28年11月16日
第2日程:平成28年11月9日、平成28年11月17日〜平成28年11月18日
第3日程:平成28年11月10日、平成28年11月21日〜平成28年11月22日
研修会場 滋賀県市町村職員研修所(大津市)
センター締切日 平成28年9月15日
● スケジュール
科目名 方法 開始時間 終了時間
1日目 政策形成の理論 講義  9:30 11:15
政策形成過程と技法 講義 11:30 12:30
昼食・休憩 12:30 13:30
政策形成過程と技法 演習 13:30 16:45
2日目 政策形成過程と技法 演習  9:30 12:30
昼食・休憩 12:30 13:30
政策形成過程と技法 演習 13:30 16:30
3日目 政策形成過程と技法 演習  9:30 12:30
昼食・休憩 12:30 13:30
政策形成過程と技法 演習 13:30 16:30
閉講式 16:45 16:55
● 科目詳細
政策形成の理論
【基調講義】
機ズ、なぜ政策形成か
 1.地方分権の担い手としての自治体
 2.地域間競争に生き残るための戦略
 3.様々な問題に対応する必要性

供ダ策と政策形成
 1.政策概念の再検討
 2.政策形成ー問題の発見から問題解決策の策定までの全過程
同志社大学 政策学部教授 真山 達志 氏
政策形成過程と技法(グループワーク)
【1日目】
 1.まちの問題の発見
 2.取り組む問題の決定
 3.現状把握・課題の共通認識
 4.目標の設定
 5.現状分析・問題の明確化
【2日目】
 6.方針の決定
 7.アイデアの創出
 8.企画案の作成
【3日目】
 9.企画案のとりまとめ
10.政策提案書の作成
11.政策提案(発表)
12.講師講評

※進捗状況により変更になる場合もあります。
内部講師(県内市町職員)
● 総括
受講者の主な感想【受講者数:161名】
【政策形成の理論】
・講義での説明や資料も大変わかりやすく、政策形成の必要性やその意義について、基礎を勉強することができた。
・単に問題を解決していくのではなく、住民をリードする立場で何が問題であるのかを見極め、課題を見出していく力が必要であることを知った。
・非常にわかりやすく、ほとんど知識のない状態の者でも聞いていて理解することができた。
・地域間の競争に生き残ることを普段意識したことがなかったため、今後は業務をするにあたり意識していきたい。

【政策形成過程と技法(グループワーク)】
・現状の分析と、色々な案から最も効果的なものを選択する判断能力が、政策形成においてはすごく大切だということを学べた。
・形成過程における様々な選択が、その後の事業計画、まちづくりに大きく影響することを実感し、責任の大きさを知った。その分、おもしろさもあると思った。
・「問題」の見極めがとても重要だと思いました。
・事業を新たに企画するにあたっても、現状の把握、課題の抽出が非常に大切であることを実感しました。
・住民説明資料の文字の大きさ、強調やタイトルの工夫まで意識していなかったが、講師の指摘で気づくことができた。難しかったがやりがいのある研修でした。
genninnibu.JPG
研修一覧に戻る