研修教材
接遇、応対、新任職員研修用 現任職員研修用 管理監督者研修用
公務員倫理研修 研修インストラクター用 その他
公務員倫理研修
公務員倫理(第1部)
「日曜日のロックバンド」
16分
(VHS)
国民は、行政の民主的、能率的な運営を期待している。この期待に的確に応えるためには、職員が十分な職務遂行能力を持つとともに、公務員としての確固たる倫理観を保持することが必要である。このビデオは、公務員の服務、積極的な勤務への心構えといった公務員倫理全般を考える総集編。事例は、休日に料金をとってロックバンド演奏を行っている山田君の行動の是非。
公務員倫理(第2部)
「割り勘のつもりが」
22分
(VHS)
汚職は、公務に対する信頼を揺るがす点において、深刻度や影響度が極めて高く、公務員は、モラル特に汚職に対する平素からのしっかりした心構えが大切である。事例は、行きつけの小料理屋での飲食の問題。
信頼  国民の期待に応えて 20分
(VHS)
公務と公務員を見る、国民の目が厳しくなっている変化の時代、国民の期待にいかに応えたらよいのかを考える。
忍びよる恐怖
第1部 転落への軌跡
第2部 告白する勇
45分
(VHS)
事業拡大の便宜を図ってもらうために、担当職員に巧妙に取り入ってくる業者の計画的な手口により、知らず知らず、汚職のワナにはまっていく主人公長谷川の転落の軌跡をリアルな心理描写を交えながら紹介するドラマ仕立てのビデオ。ドラマの進行に合わせて、汚職に陥りやすいタイプの解説や何が汚職に該当するのか、そして、もし職員が汚職のワナに陥ったら、どの時点で踏み止まるべきなのかを直属の上司の対応も含めて具体的に解説していきます。
破滅への道程
〜贈収賄・公金詐欺・虚偽有印公文書作成・同行使事件の顛末〜
35分
(VHS)
(DVD)
近年の地方公共団体等における汚職事件の判例を参考に、フィクションを加えた“ドラマ形式”で構成されていますので、ご覧になった方の心に「公務員倫理の重大さ」を深く刻むことができます。
公務員の不祥事防止 各20分
(VHS)
(DVD)
 このビデオでは、現代社会にあふれている誰もが陥りやすい落とし穴によって、自分だけでなく家族の人生も棒に振ってしまいかねない様々な事例により、多発する公務員の“不祥事”を未然に防ぐことを目的として制作されています。
第1巻 「酒」で人生棒にふるべからず!
―事故の引き金・家族崩壊―
第2巻 「犯罪」で人生棒にふるべからず!
―痴漢・万引き・ストーカー―
第3巻 「借金」で人生棒にふるべからず!
―ギャンブル・カード・多重債務―
信頼される公務員 モラル・倫理編 44分
(DVD)
古い体質を変えるにはモラル・倫理の意識改革から!
公務員は、いうまでもなく公僕であり、モラル・倫理を守ることは一人ひとりに課せられた義務といっても過言ではありません。
自分たちの職場では反モラル・倫理行為を起こしてはいない、やっていないと思っていても本当にそうなのでしょうか?
本DVDでは、職員一人ひとりのモラル・倫理への意識や関心を高め、今後の課題や実践すべきことをじっくりと考えてもらうことを目的としています。
PART1 住民の視線は厳しい
PART2 自分に厳しくあれ
PART3 公私を混同しない
PART4 公務員としての誇りを持とう     
私たちのコンプライアンス 75分
(DVD)
 「これくらい」「ちょっとくらい」・・・この考えが問題です。一人ひとりが責任を持った行動を!
 今は、企業のコンプライアンス意識が問われる時代。ちょっとしたことが火種となり企業の不祥事として世間から厳しく糾弾されてしまいます。
 だからこそ、正しいコンプライアンスの知識と理解が必要となるのです。
 本DVDは9つのケースドラマと解説を通して、日ごろの行動に問題がないかを確認し、コンプライアンスの基本を学ぶ内容です。
私たちのコンプライアンス 40分
(DVD)
コンプライアンス違反は、個人の「ちょっとくらい」「これくらい」という心の油断が招きます。
本DVDでは、日ごろの起こりがちなコンプライアンス違反をドラマで取り上げ、コンプライアンスの知識を高めるとともに、自身の行動の振り返りができる内容になっています。
ケース1 会社の経営理念を理解していない
ケース2 上司の指示がおかしいと感じたら・・・
ケース3 なぜお客様の声が大切か
ケース4 取引関係を利用して無理なお願いをした
ケース5 無断で残業をして注意された
ケース6 職場でいじめを受けている
ケース7 会議の資料に新聞をコピーした
ケース8 ブログ炎上!会社にクレーマーが・・・
ケース9 地域社会と私たちのマナー     
組織と個人を守る!階層別コンプライアンス 23分
(DVD)
 公務員が起こしがちなコンプライアンス違反事例を紹介。
 コンプライアンス違反は、住民の信頼を大きく下げ、自治体運営に大きなリスクをもたらします。「組織と個人を守る!階層別にコンプライアンスシリーズ」は、公務員が日々業務で起こしやすいコンプライアンス違反事例を紹介し、不祥事を起こさないために気をつけるポイントを解説しています。ドラマ編と解説編に分かれた構成になっているので、ドラマ偏視聴後にディスカッションを挟むことにより、実際の業務でどう判断すべきか、コンプライアンスに沿った判断力を育てることができます。
私たちのコンプライアンス
 平成27年度新規購入
90分
(DVD)
コンプライアンス違反をなくすために、社員一人ひとりの意識改革を!
 本DVDは、単なるコンプライアンス教育にとどまらず、社会人としての正しい考え方・行動を学ぶものです。コンプライアンス違反をなくすために、そして社会人としてのものの見方・考え方を学ぶためにご活用ください。
PART1 「会社のため」ってどういう意味?
PART2 社員の権利って?
PART3 ハラスメントってどういう意味?
PART4 求められるうつ病への理解
PART5 いろいろな働き方がある
PART6 メールを間違って送ってしまった!
PART7 SNSが原因でトラブルに・・・
PART8 個人判断でクレームに対応した
PART9 法律違反に巻き込まれそうに・・・